2009年03月06日

相談員として・・人として・・

最近、ご相談をされる方で、お一人で暮らしている方や
ご夫婦だけの方が多く、少子高齢化の時代を感じます。
後を継いでくれる身内もなく、葬儀やお墓のことについて
とてもご心配されている方が多くいらっしゃいます。

高齢者のケアについて、介護などは仕組みができてきていますが
葬儀やお墓のことまでは難しいのが現状です。
また、心のケアを含めた相談を持って行く場所がほとんどないのです。

お墓を事前に建立したおじいちゃんから
葬儀やその後のことまで相談されている石材店さんや
葬儀後のいろいろなことまで引き続き相談にのっている
葬儀社さんなどそれぞれが、手探りで相談にのっているようです。

私たちも、困っている方の手助けが少しでもできるようにと
毎日、ご相談にお答えしておりますが、勉強することが山積みです。

相談されていらっしゃる方には相談窓口としてお答えしていますが、
相談員としてだけでなく、日頃の生活の中で、
ご近所のおじいちゃん、おばあちゃんに気楽に声をかけて
お話しするのも、大切な一つのケアになるのではないでしょうか。

春を前にしてなにか一歩踏み出したいと思う頃です。
posted by 葬祭カウンセラー at 13:53| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月28日

“おくりびと”の思い

このところ東京も寒い日が続いています。
でも、雨の日が多くなってきていて、季節が移り変わるのを感じます。

もうすぐ春がやってきますね。

映画“おくりびと”がアカデミー賞を受賞しました。
邦画の世界に一足早く春がやってきたようです。
これを機に葬儀について関心を持たれた方も多くいらっしゃるようです。

今までは、形式に流されて葬儀を執り行うことに忙しく時間が過ぎ、
大切な人を“見送る”という肝心なことが後回しになってしまう
そんなことがあったように思います。
大切な家族を心を込めて見送る、それは故人のためでもあり、
残された遺族の心のケアにもなるのです。

最近は家族葬や火葬式など、家族・親族や親しい方のみで葬儀をされる方が増えています。
経済的なご事情がある方も多いかと思いますが、それだけで考えられているわけでなく、
ゆっくりと思いを込めて見送りたい、また自分らしく見送りたい・見送られたいと
ご家族やご自身の葬儀について関心を持って考えられている方が増えてきています。

十人十色といいますが、葬儀についての考え方も千差万別で、
100人の方がいれば、100通りの葬儀があるのです。
故人の遺志を尊重する、遺族の思いを表現する、
そして納得のいく葬儀をしてほしいと思います。

そのためには、流されることなく納得のいくまで打ち合わせをし、
おくりびとの思いを形にしていってほしいと願っています。


posted by 葬祭カウンセラー at 12:20| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族葬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月02日

それぞれの思いを形に!

先日のブログにあるように、
私たちは、相談者が安心して、納得して葬儀をされること。
そして相談者の思いを形にすること。
そのために私たちにできることを全力でと考えています。

ご相談者の思いはそれぞれです。

先日も対照的な2件のご相談がありました。
どちらも事前の相談で、火葬式を考えていらっしゃいました。

一つは、高齢のお母様の万が一を考えての年配の息子さんのご相談でした。
もう一つは、ご主人の万が一を考えてのご家族でのご相談でした。

息子さんの相談は、火葬だけでも棺にはお花をたくさん入れて見送りたいと
葬儀社のプランよりもお花のグレードを上げての見積もりで、
お母様への思いが“お花”という形で表現されていました。

ご家族でのご相談は、ご本人を交えての相談でしたが、
とてもシンプルに・・・ということがご家族の気持ちで、
遺影写真もお花もいらないので、息子に負担がかからないようにと
費用面でもシンプルにしたいとのことでした。

同じ火葬式でも、それぞれに思うことが違い、形もそれぞれです。

  親を思う子供の心・・・、
      子を思う親の心・・・・

人生の終末期に当たり、ご家族の気持ちが表れます。

それぞれに違う葬儀の形。
それぞれの方が安心して、納得して、思った通りの葬儀をあげてほしい。
どうか後悔のないように、私たち相談員はそのために全力でサポートします。
posted by 葬祭カウンセラー at 20:45| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 火葬のみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月26日

人柄を偲ばせる美しい花祭壇

_$B2hA__(B-0010.jpg

40代後半〜50代かと思われるご相談者から事前の電話が入りました。

ご相談者のご要望は、もしもの際、ご自宅が難しい場合は、他の場所へ搬送安置を。そして対象者となるのがお母様なので花祭壇であること。また、ご自身を含めて息子二人が現役で会社関係の参列が多いと予想されるため●●●市近辺で交通の便が良いところでお願いしたい。ということでした。

こちらのセンターからは、2社葬儀社をご紹介させていただいたのですが、どちらも、家族葬ということで定評があり、ご相談者の要望は満たせる葬儀社でした。しかし、社風や経営方針が全くことなる葬儀社でした。

1社は、全国展開をしておりブランド力を持つ葬儀社で、打ち出しているパックプランには、車両や料理・返礼品などもはいっており分かり易いプランだと評価を消費者から得ている所。

そして、もう1社は、地元密着型の葬儀社で、緻密で親切な対応をしてくれると評価高く、よく地元でもセミナーを開催している所でした。


_$B2hA__(B-0011.jpg

前者の葬儀社より、ご相談者から「お亡くなり」の連絡が入ったとのことで、現地へ視察へ行かせいていただいたのでした。

葬儀斎場へ一歩足を踏み入れると、白と緑を基調とした美しい花祭壇(少し南国を思わせる感じ)で、中央に優しく微笑む故人様の遺影写真から伝わってくる印象と交わり、思わず(現場では不適切かもしれませんが)「ああ、なんて綺麗なんだろう・・・」とつぶやくほどでした。

ふと、そのときご相談者が「花祭壇」といった言葉が頭をよぎり、「想いを形に」ということは、こういうことなのかと、つくづく関心いたしました。

ご相談者へ、葬儀社の対応について尋ねると「今のところ納得ができています」との返答に続いて、こうおっしゃった。

「実は、ご紹介いただいた葬儀社の他に自分でもう2社葬儀社から見積を取り寄せたんです。その2社は見積や対応面でも納得できなくて、結局ご紹介した2社が良かったんです。どちらにしようかと悩んでいたところ、知人が葬儀に関するビデオを持ってきてくれて、そこに今日の葬儀社の名前が入っていたので「ここなら安心だ」と思って決めさせていただきました。」

葬儀社を決定するとき、「安心、納得」というキーワードは外せないものなのだ。と改めて理解させていただくお言葉でした。

故人様のご冥福を心よりお祈り申し上げます。
posted by 葬祭カウンセラー at 13:50| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 練馬区・板橋区・北区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月25日

相談者のお思い

トルコキキョウ.jpg今日の東京は久しぶりの晴れ!
真っ白な富士山もくっきりと見えています。

こちらのサイトにはいろいろな方から相談があります。
最近は、火葬式のご相談が多くなってきていて
費用負担を抑えて、でも心を込めて・・・
という消費者の傾向が伺えます。

火葬のみのご相談でもお話しをうかがう中で
人それぞれいろいろな考えをお持ちになっているのがわかります。

私たちはそれぞれの方の思いをしっかりと伺って、
その方の思いを込めた火葬式や家族葬をしていただきたい!
そのために今、何をすればよいか考えながらご相談を受けています。

火葬のみでお見送りをするにしても
いろいろな思いや方法があります。
このブログで、お伝えしていきたいと思っています。

posted by 葬祭カウンセラー at 12:37| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 火葬のみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月21日

相談員のお休み

毎日寒い日が続きますね。
いかがお過ごしですか?

月日はどんどん過ぎていて
大寒をすぎ、1月もあと少しですね。

寒い寒い・・・春はまだまだかな・・・

お花屋さんの店先を除くと、
スイトピーやラナンキュラス、ガーベラなど
春らしい賑わいを見せています。

お仏壇にも春らしいお花を飾ってみませんか?
何となくご本尊様もにっこりされるかも・・

相談員のお休みの1日でした。
posted by 葬祭カウンセラー at 11:58| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 葬祭カウンセラーのお休み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月15日

火葬式のご相談

今夜もまた、お亡くなりのご相談がありました。
お父様を亡くされ、火葬のみで見送りたいとのご相談でした。

ご要望を伺って、親身に対応してくれる葬儀社を紹介しました。

相談者の要望を訊いて、見積もりを出してくれ、
相談者も納得されて、葬儀のプランが決定するかのように思われたところ、
火葬場のスケジュールに空きがなく、空き待ちをするか、火葬場を変更するかの
選択が必要になりました。

日数が増えれば、保管料やドライアイスなどの費用が増えてしまいます。
また、最初に予定した火葬場は公営でしたが、変更すると民営になるので
費用が高くなってしまいます。

相談者からすれば、見積もりをとった時点の費用より増えてしまうので
少し不安になってしまったようですが、
担当した葬儀社は、親身になってくれることで評価の高い葬儀社でしたので、
どうにか追加費用を少なくするプランを考え、さらに費用面でいろいろサービスしてくれ、
追加の費用負担を最低限に抑えてくれました。

相談者は安心して、葬儀の日を迎えられると思います。

残された遺族の気持ちになって親身になってとことんつきあってくれる葬儀社、
その真摯な対応には、私たち相談員も心から感謝しています。
posted by 葬祭カウンセラー at 12:19| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 火葬のみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月12日

寒くなってきました!

新しい年が明けて、もう12日です。
今日は、成人式ですね。晴れ着をお召しになっている姿を見ると、
こちらも晴れやかな気分になりますね。

最近、めっきり寒くなってきました。
ほんとに、毎日冷たい寒さです!

寒くなってきたためか、ご相談の件数も増えてきています。

そんな中で、最近のご相談者の傾向としては、
事前に葬儀について知っておこうとする方が多いこと。

こちらがびっくりするほど知識を得ている方もいらっしゃいます。

また、葬儀社のペースに巻き込まれることなく
費用面においても騙されることなく納得した葬儀にしたい。
ご家族の葬儀にしても、ご自身の葬儀にしても
費用や内容など細かく決めて、事前に見積もりを作っておきたい。

葬儀についても人任せにせず、ご自身でしっかりと決め、
納得いくまで打ち合わせていきたいという方が増えています。

葬儀についても、賢く、自分らしくと消費者も考えるようになってきました。

私たち相談員は、そのような方たちのお役に立てるように
親身になってご相談にあたりたいと
新年を迎えて気持ちを新たにして望んでいます。
posted by 葬祭カウンセラー at 12:18| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月01日

初富士

コピー 〜 富士さん.JPG  あけましておめでとうございます。

  今年も相談員として皆さんのお役に立てるよう
  精進して行きますので宜しくお願いします。

  旧年はとても楽しかった方、大変だった方・・・
  それぞれがいろいろな思いのなかで
  新年を迎えられたかと思いますが、

  皆さん!!今年も思いっきり頑張りましょうね! 
posted by 葬祭カウンセラー at 10:53| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月31日

今年を振り返って・・

今年最後の日が暮れました。

まもなく2008年も追われますね。
皆様にとって、この1年はいかがでしたか・・・

私にとっては、この1年はめまぐるしい1年でした。
でも、ご相談者から「よかった!」の一言が
とてもうれしい1年でした。

相談員としてより皆様のお力になれるよう
来年も頑張っていこうと思っています。

来る年が、皆様にとって幸多き年になりますようお祈りいたします。
posted by 葬祭カウンセラー at 19:14| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。