2009年08月23日

資料請求してみて下さい。

資料請求をされていた方から連絡が来ました。
たまたま、この方は以前私が資料を送った方で覚えていました。

電話の声はすごく焦っていて、
「今、病院の先生から呼ばれて向かっています。
私は前に資料請求をした者ですが、すぐに対応してくれる
葬儀社と話がしたい」
ということで、すぐに葬儀社に連絡をし
ご相談者に連絡をしてもらいました。
送ってもらった資料で葬儀を考えているとの事。

後ほど、葬儀社の担当者より連絡が来て
万が一の場合は連絡をします。
ということでした。

近頃は、資料請求をする方が増えてきており、
万が一の場合には、慌てずに、対応できて良かったという
声を聞く事も多いです。

見積もりを取るまでは行かないけど・・・知っておきたい。
と言う方は資料だけでも取り寄せてみては?と思います。

新米相談員。
posted by 葬祭カウンセラー at 12:10| 東京 ☁| Comment(54) | TrackBack(0) | 葬儀の相談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月05日

こんな相談がありました

Sさんから相談員Sに名指しで相談が入りました。

ご主人が入院中で、8月に自宅近くの施設に転院するとのこと。
それにあわせて、いろいろ考えることがあって
気ぜわしかったようです。

万が一のことも考えておかなければ・・と思ったのでしょう。
近くにある葬儀会館に相談に行ったようでした。
「今、30万円払えば会員になれますよ」
そういわれたそうです。

「万が一の時は、電話1本ですべてやってくれるなら
 30万円払っても会員になっておいたほうがいいかしら?
 以前Sさんにいろいろ教えてもらったので相談したいんだけど」

・・・ちょっと待ってSさん!
万が一の時に煩わしい思いをしたくないというだけで
30万円払わなくても、それよりも考えておくことがあるし、
そんな高額な費用を払わなくても安心できる葬儀社は
いっぱいあるのよ!

Sさんはご主人の転院の手配もあって、
いろいろ考えるのが大変の様子でした。
一つ一つお話を伺って、2社から見積もりをとってみることにしました。
面倒なことは苦手なご様子だったので、
2社の見積もりも、容易に比較できるように書面をつくって
お送りしました。

Sさん!万が一の時は、こちらに連絡してくれれば
ちゃんと手配はできますから安心してくださいね!

ひとり一人の相談者の人柄に合わせてご相談するように
ひとり一人の相談者の心に響くように相談できるようにと
心がけていきたいと思います。
posted by 葬祭カウンセラー at 01:42| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 葬儀の相談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月29日

相談者の声

夜中に電話が鳴りました。
お亡くなりの相談でした。

ご親族を亡くし、火葬のみで心を込めて見送りたい。
費用面も考えて、公営の斎場で・・

ご相談者の声を受け止めて、
安心してお任せできる葬儀社を選んでご紹介しました。

病院にはしばらくおいてもらえるとのこと。
相談者は第1に公営の斎場を利用したいとのことで、
朝、9:00に公営斎場の空き状況を確認してから
お迎えに向かうことになりました。

朝になって、葬儀社から相談者に連絡を入れると
斎場のある葬儀社に決まってしまったとのこと・・

故人は生前老人ホームに入居されていたそうで、
たぶん、その施設と提携している葬儀社に決まったのでしょう。

少し気になったのは、ご相談者の声を
その葬儀社がしっかり受け止めてくれたかな?ということ。

朝を待たずに引き取ったと言うことは、
公営斎場の安置施設は利用しなかっただろうということ。
そして、斎場を持った葬儀社さんとのことで
もしかしたら、そちらの斎場利用になるのでは?という疑問。
そして、本当に火葬だけという希望が受け入れられたかな?
思いを込めて・・という願いもかなえてもらえたかな?

ほんの少しでしたが、ご縁のあった相談者の方を思うと
心配はつきません。
どうか、良い葬儀社に巡り会って、
思い通りに見送ることができますように祈るばかりです。
posted by 葬祭カウンセラー at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 葬儀の相談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月20日

お葬式のその後

東京は暑い日が続いていますが
街は夏休み!通勤の電車も3連休でプールを目指す人々で一杯です。

葬儀のご相談で多いのは、葬儀までのこと。
葬儀が終わると、やれやれとホッとしながらも
悲しみがじんわり滲んでくるようです。

でもこの後もご遺族は、まだまだ忙しいのです。

まずは菩提寺へのお布施や葬儀社さんへの支払いを含む会計全般。
喪主だけでなく、親子・兄弟など会葬者の関係などいろいろあって
それぞれに振り分けたり話し合ったり・・・
葬祭費の請求や、生命保険の手続きもお忘れなく。
公共料金などの名義変更もあります。

そして、49日法要に向けて、塗りのお位牌を準備したり
法要の手配をしたり・・
のんびり悲しみに浸っている余裕がありません。

以前であれば、親を亡くした後は、叔父や叔母があれこれ助言してくれたりということがあったようですが、
最近はその方たちも手順をよくご存じない事が多いようです。

葬儀までのことだけでなく、葬儀の後のことも
わからないことがあれば、いつでもご相談ください。
posted by 葬祭カウンセラー at 14:37| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 葬儀の相談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月29日

密葬って?

一般の方と葬儀についてお話しする機会がありました。
「ご近所の方が無くなって、密葬ですませましたといわれたんですが、
その方はアパート暮らしでとても密葬をやって本葬をする方には思えなかったんですが・・・」

最近、「密葬で・・」といわれる方が多くいらっしゃいます。
密葬というのは大勢の方をお呼びする本葬の前に
ご家族だけで行う葬儀を密葬といっていたのですが、
最近では密葬という漢字のイメージから、家族葬や火葬のみなどの
葬儀のことを密葬ととらえている方が多くなっています。

若者言葉だけでなく、言葉は時代の流れに乗って
変化してくるもののようです。

火葬のみとは?直葬って?
こんなご質問もありましたので、また次にお話ししたいと思います。
posted by 葬祭カウンセラー at 14:20| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 葬儀の相談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月13日

菩提寺

東京は梅雨入りしました。
雨の苦手な相談員にとってはうっとうしい季節ですが、
このサイトにも新人が2人も入って、
すがすがしいさわやかな風が吹いているようです。

葬儀に際して、読経していただくお寺を紹介してほしい
というご相談がありました。

お話を伺うと、京都のさる有名な大きなお寺が菩提寺とのこと。
そこで葬儀をお願いすると100万くらいかかってしまう・・
そんなにかけられないので、同じ宗派のお寺を紹介してほしい。

残念ながらこれはお引き受けできないのでお断りしました。
菩提寺は、無くなった後、親代わりになってくださるところです。
そのお寺のお墓に眠るのであれば、そこのご住職なりお坊様に
葬儀の時からお世話になるのが一般的です。
もちろん、遠方などできていただけない場合もありますが、
それでも、相談して、そちらからお寺を紹介していただく・・

最近は、葬儀が終わってから連絡してくる檀家がいるんだよね!
とは、あるお寺のご住職の弁。
ちょっぴりさみしそうな表情でした。

菩提寺のある方は、まず、菩提寺に相談してくださいね。

雨にも負けず、新人相談員の心意気にも負けないよう
今日もがんばるちょっぴり先輩相談員です。
posted by 葬祭カウンセラー at 01:26| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 葬儀の相談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。