2009年03月28日

サクラひらく頃に・・・

東京は桜が咲き出しましたが、少し寒い日が続いています。
少し前に、お父さんの容体が悪く数日ではないか・・・
と、メールでご相談がありました。

ご質問にお応えし、万が一に備えての相談をし
少しでもお父さんと過ごされる日が長くあるようにとお祈りしました。

十日ほどたって、お亡くなりの連絡が入りました。

相談の際には、無宗教でとのことでしたが、
やはり読経をしていただきたいとのことで
お寺のご住職にきてもらうことになりました。

無駄な費用はかけたくないけれど
心を込めて見送りたいという思いの方が多いのです。
そして、読経をしてもらいたいというのも
宗教的というよりも、心を込めてという価値観ではないかと思います。

桜が咲くのを待って逝ったお父様、心よりご冥福をお祈りします。
posted by 葬祭カウンセラー at 11:45| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族葬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月22日

ご家族の思いそれぞれ・・

お父様のご容体が芳しくないとの方から、ご相談がありました。

お父様は数年前まで都心部で事業をなさっていたとのことで、
現在は郊外に越しているが、葬儀の際は以前のお付き合いを考えて、
都心での葬儀を考えているとのご相談でした。

葬儀社を選ぶにあたって考えておかないとならないことをお伝えし、
ご家族とご相談の上、再度連絡をいただきました。

お母様の意向で、お住まいのある地での家族葬となりました。

家族・親族でも、葬儀についての考えはさまざまです。
大切な方を見送るにあたって、
どんな風に見送ってあげたいか・・・
その人のために、何をしてあげられるのか・・・
それぞれの思いが交錯します。

この度は、事前にご家族でご相談され、葬儀社からも見積もりをとるなど
万が一の場合に備えておられたので、落ち着いて葬儀にあたられたようでした。

事前に考えておくことで、万が一の場合、十分にお別れの時間をとる事ができます。
十分にお別れの時間をとること、悲しみと向き合うことが大切です。
posted by 葬祭カウンセラー at 12:57| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族葬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月18日

牛に引かれて・・・

今日は葬儀のお話しはお休みにして
相談員の休日のお話しです。

とあるグループの信州への旅行に同行させていただきました。
今年ご開帳の年となる長野の善光寺を参拝し、別所温泉に泊まり、
真っ白に雪化粧して噴煙を上げている浅間山を眺めながら
軽井沢をまわる旅程でした。

善光寺を参拝して、参道のおそば屋さんでの昼食時、
おそばの薬味の追加を所望する方がいました。
店員は、とても怪訝そうな顔をし、再度注文してからやっと薬味を持ってきました。

たった一人の店員の態度で、その店の印象が大きく変わってしまいました。

宿泊先は老舗の旅館でした。
旅館のスタッフの方たちはどなたも笑顔で親切に対応してくれ、
担当の仲居さんは、こちらの注文に即座に動いてくれ
当たり前のことかもしれませんが、とても心地よく過ごすことができました。

お客様はお店の都合に合わせてくれるわけではありません。
お客様に合わせて、気持ちよく対応するのがプロだと思いました。

私たち相談員も、相談者の気持ちになって、相談者のために何ができるのか
相談者が思い残すことが無いようにできる限りのことをする、
このスタンスをしっかり刻み込んでご相談にあたりたいと思います。
残念なのは電話やメールでは表情を伝えられないこと!!
本気で相談者と泣いたりホッとしたりしながら相談にあたっているのです。

牛に引かれて善光寺参り・・といいますが
バスに揺られての2日間でした。
久しぶりに雪山の景色を眺め、ゆっくりお湯につかって、
美味しいお料理をたらふくいただき、満足満足の休日でした。
いろいろな皆様に感謝!
posted by 葬祭カウンセラー at 17:51| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 葬祭カウンセラーのお休み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月13日

ステキな相談者のお話

先日は葬儀について知っておきたいとのご相談に女性の方がみえました。
病気がちなご主人の万が一のことを考えおきたいとのことで、
京都に菩提寺があので東京では火葬のみを考えているが
どのようなことを決めておけばよいかどんな場所があるかなどご質問をされました。
いろいろお話しし、葬儀社に見積もりをとるためにある程度要望をまとめておくこと、
また、ご家族でお話をされておくことが大切なことをお伝えしました。

いろいろお話ししていく中で、最初はご主人のことを前提にしたご相談でしたが
ご自身のこともお話しされるようになりました。
ご自身は、着せてほしい洋服も決めてあったり、棺に納めてほしい品々も
手作りのポーチに入れてしまってあるとのことでした。
また、ご自身の歌声を吹き込んだCDも作ってあるとのこと。
自分の葬儀にしてもらいたいことを事細かく書いたノートまで用意してあるそうです。
一つ一つうれしそうにお話しされる様子がとてもチャーミングです。

でも、万が一見つけてもらえないと残念なので、是非、ご家族とお話しされておくように
アドバイスしました。

クリスチャンではないけれど、学生時代をキリスト教系の学校で過ごしたので、
できることなら牧師さんにきてもらいたいことなどお話しされたので、
お別れ会のようにして、牧師さんにきていただくことも、
ご用意されているCDだけでなく賛美歌も流すこともできることをお伝えすると
“なんだか楽しみになってきたわ”ととてもうれしそうでした。

葬儀のことを事前に相談し、不安を解消しておくことは、
これからの人生を前向きに明るく歩いていくことに繋がるのだなあと
確認させていただいたご相談者でした。



posted by 葬祭カウンセラー at 20:06| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月11日

ご家族の思いに囲まれて・・・

先日、若いお母さんのご葬儀に立ち会わせていただきました。
とてもお若くて、しかも小さいお子さんを残して亡くなられました。この方の思いを考えるととてもつらい葬儀です。
でも、幼子のために努めて明るく振る舞うご遺族の方々が
とても印象的でした。

ご家族は、万が一の時はお嫁さんの気持ちを尊重したいとお考えで、お嫁さんの気持ちをとても大切にされているご様子が伝り、
きっと思いを形にしてくださるであろう葬儀社をご紹介しました。


後日、その中の1社にお亡くなりの連絡が入りました。
ウエディングのような花に囲まれて・・という思いを汲んで
沢山の花に囲まれてのご葬儀でした。
闘病中はご家族が一丸となって支え続けておられた様子で、
とても暖かくすばらしいご家族だという印象を受けました。

“美しくやさしく、強い女性でした”というご主人の言葉通り
とてもステキな方だったと思います。
その方の思いが叶うよう、またご遺族の思い通りにできるように
及ばずながらお手伝いができたとしたら・・・

これからも、一つ一つのご相談につき、一人一人のお気持ちを大切に
ご相談にあたっていきたいと気持ちを新たにしました。

ご家族に愛され、多くのかたに慕われたすてきな女性のご冥福をお祈りいたします。

posted by 葬祭カウンセラー at 14:16| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族葬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月06日

相談員として・・人として・・

最近、ご相談をされる方で、お一人で暮らしている方や
ご夫婦だけの方が多く、少子高齢化の時代を感じます。
後を継いでくれる身内もなく、葬儀やお墓のことについて
とてもご心配されている方が多くいらっしゃいます。

高齢者のケアについて、介護などは仕組みができてきていますが
葬儀やお墓のことまでは難しいのが現状です。
また、心のケアを含めた相談を持って行く場所がほとんどないのです。

お墓を事前に建立したおじいちゃんから
葬儀やその後のことまで相談されている石材店さんや
葬儀後のいろいろなことまで引き続き相談にのっている
葬儀社さんなどそれぞれが、手探りで相談にのっているようです。

私たちも、困っている方の手助けが少しでもできるようにと
毎日、ご相談にお答えしておりますが、勉強することが山積みです。

相談されていらっしゃる方には相談窓口としてお答えしていますが、
相談員としてだけでなく、日頃の生活の中で、
ご近所のおじいちゃん、おばあちゃんに気楽に声をかけて
お話しするのも、大切な一つのケアになるのではないでしょうか。

春を前にしてなにか一歩踏み出したいと思う頃です。
posted by 葬祭カウンセラー at 13:53| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。