2008年08月26日

美しい女性

シャッシャッ!と気持ちの良いお掃除の音が聞こえます。
窓の外を見ると、我が家の前のお家の奥様が
通りをお掃除されている姿が見えました。

このお宅の玄関前には電信柱が立っており、
申し訳ないことにご近所数件分のゴミ集積場となっているのです。
月曜から木曜まで様々なゴミが出されているにもかかわらず
いつもきれいに掃き清められています。

よそのお宅の前なので、普段からゴミを出すときは
汚さないよう気を付けてはいたのですが
実際にお掃除されている姿を拝見したのは初めてでした。

早い出勤時間の日、ちょうどその奥様が
お掃除されているところに出くわしました。
「おはようございます。いつもありがとうございます」とご挨拶したところ
「おはようございます」とにっこり笑って答えてくださいました。

年齢は60代後半でしょうか、きちんと身仕舞いをされて
箒を使われている姿はとても美しく感じられました。
私も身の回りをきちんと整え、この方のように
美しく年を重ねて行きたいのだと思います。

そのためにも、まずはゴミ置き場のお掃除、
この方より先にしなきゃいけませんね、反省・・・ふらふら
posted by 葬祭カウンセラー at 13:21| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月22日

ゲリラ雷雨

昨晩のはげしい雨に打たれたせいか
今朝の東京の空は少しきれいな気がします。

夕べは秋のような涼しさでしたが、
皆さん寝冷えなど気をつけて下さいね。

蝉時雨、打ち水、夕立、夕涼み・・・
夏には夏の風情があるのですが、
最近の東京の夕立は、ゲリラ雷雨と呼ばれるほど
激しく、雷も怖いくらいです。
地震・雷・火事・おやじ・・・ですね。

たかが夕立・・とは言えないトラブルが発生しています。
地球の環境を大切にしない私たちが、
親父より怖い神様に叱られているようです。

・・・反省!


posted by 葬祭カウンセラー at 10:19| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月19日

お盆の行事

8月のお盆も終わりました。

まだまだ暑い毎日ですが、
どこか秋の気配を感じるようになりましたね。

お盆の時期にお休みをもらって、
群馬のみなかみ方面に出かけました。

東京では、お盆の迎え火送り火は、
お盆の入りと、最後の日に炊きますが、
みなかみの一部では、お盆の最中は朝晩毎日炊きます。

松の木の小さな薪を組んで玄関先で炊くのです。

夕刻、日が落ちてくると、各家々の前に
家人がでてきて準備を始め
夕暮れの中、家々のまえで火が灯される景色は
どこかノスタルジックで、
この地の出身でないのに懐かしい気持ちになりました。

でも、連日の激しい雷雨にはびっくりですが・・・

残り少ない夏を楽しんで下さい。
posted by 葬祭カウンセラー at 17:56| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 葬祭カウンセラーのお休み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

納棺師さんのお仕事

9月から上映される納棺師さんが主役の映画「おくりびと」のコマーシャルがテレビでも始まりました。

納棺師さんのお仕事とは、亡くなった方の体を清め、お化粧を施し、お着せ替えをし棺にお納めする専門のお仕事です。ご遺体を綺麗にするだけでなく、その過程を通してご遺族との大切なお別れの時間を作られるお仕事でもあります。

先日葬儀関係の展示会で先輩の相談員さんが実演を見て大変感動したとのこと。もちろん映像や展示会での実演とは違い、現場はずっとずっとご苦労が多いことと思いますが、日ごろ縁の下の力持ちでご活躍の皆さんのお仕事を映画で拝見できるのはとても楽しみです。

みなさんもぜひ、スクリーンで納棺師さんのお仕事をご覧になってくださいね。
posted by 葬祭カウンセラー at 17:42| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月11日

小さな命

先日、こんな相談がありました。

妊娠14週の胎児の心音が消えてしまいました。
明日、死産として取り出しますが、葬儀など
どうしたらよいのでしょうか。

突然のことで、若いプレお父さんは、
一人で、どうしたらよいかオロオロしたり、
奥さんのことを心配したり、
しっかりしなければと自分を奮い立たせたり・・・

相談者の心中を察すると、心が痛みます。

できることを精一杯お伝えしようと
その地域の葬儀社さんなどに相談し、
地域的な事情など情報を集め、
相談者が必要とするであろう情報とアドバイスを
お伝えしました。

後日、相談者の方から
おかげさまで、しっかり見送ることができました。
との、ご連絡を頂きました。

ご相談に対しては、いつも全力でご対応するよう 
心がけておりますが、
それでも、メールや電話を終えたあとで、
他に何かできることはないか、
他にご不安に思っていらっしゃることは無いかと
いつも気がかりになってしまいます。

今回のように、事後報告を頂くと
ほっと安心するとともに、相談員としてのやりがいを感じ
また、相談員として気のひきしまる思いがします。

まもなくお盆を迎えます。
小さな魂もきっと帰ってきて、
お二人を見守ってくれているに違いありません。

お子様のご冥福をお祈りするとともに
お二人の絆がさらに深まって、
いつかまた、新しい命に恵まれるようねがってやみません。
posted by 葬祭カウンセラー at 15:18| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。