2008年07月23日

意味のある葬儀

CIMG1014.JPG
しめやかで、温かいご葬儀でした。

「火葬だけのお葬式を考えているのですが・・・」

という言葉が受話器の向こうのご相談者からの第一声でした。

色々とお話を伺う中で、ご相談者の故人様を大切に思う心遣いが溢れてくるのが手にとるように感じられました。

その数時間後、火葬だけのお式から、お別れの時間を重視なさった1日葬儀に予定を変更なさったのには、すぐに理解ができたものでした。

実際に、葬儀の現場にいかせていただきごあいさつをさせていただく瞬間は、相談員にとって非常に感慨深い瞬間です。お電話でご相談させていただいた方が、目の前にいらっしゃる。ご紹介をした葬儀社がご相談者の要望を満たしてくれているだろうか。それに、納得してくださっているだろうか。何かご不安なことはないだろうか。おたずねしたいことは、山ほどあるのですが、できるだけ言葉を抜粋してお尋ねをするように心がけます。

このたび対応したA葬儀社は、実際の利用者からの評判として非常に応用力と葬儀担当者一人一人の質の高いと回答があるところで、恐らくご相談者の要望を満たすことができるであろう。ということでご紹介させていただきました。

ですが、最終的には、ご相談者様が安心・納得していただいたところで判断していただきたいと私たちは考えます。

このたびのご相談者に「葬儀社の対応は・・・・」とおたずねしたときに表情が優しくなられた瞬間、私自身も安心させていただきました。

最後のお別れの時、ご相談者の喪主様がご挨拶なさったとき、非常に心に深く教えられるものがございました。

故人様(お父様)は、とてもご家族思いの穏やかな方だったそうで、す。お父様が、年齢と共に少し痴呆がすすまれたとき、喪主様は、お父様の病状が少しでも抑えられるようにと毎朝、お父様の腕をとってお散歩なされたそうです。

そのお話をうかがったとき、「ああ、お父様(故人様)の家族思いは、ご子息(喪主のご相談者)に伝わっていらっしゃるのだな。」
と家族の深い絆のあり方を勉強させていただいた瞬間でした。

謹んでお悔やみ申しあげますとともに、心からご冥福をお祈りいたします。
posted by 葬祭カウンセラー at 09:24| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族葬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月14日

感動しました・・・

こんにちは。
早く梅雨明けしないかな?と毎日、毎日願っている今日この頃です。

葬儀関係の展示会に行く機会があり、行ってきました。
印象に残る展示会でしたが、中でも、とても印象的だったのは
納棺師の仕事を実演していたことです。
納棺師さんのお話を聞いていた事はありましたが、実際に目で見たのは
初めてでした。
お亡くなりになった方を思いながら、家族の方に代わって故人様に綺麗な姿で旅立が出来るようにと支度をするのです。
途中途中で、納棺師さんと一緒に度支度のお手伝いしながらゆっくり、故人様と最後の時間を過ごします。
支度が終わった故人様はとっても綺麗になって、家族に見守られ旅立ちます。
納棺師さんの仕事が終わった時は、感動で胸がいっぱいになりました。
家族の気持ちにもなれたし、きっと故人様も喜んでいるだろうと・・・
とても大変な仕事だと思いますが、悲しみでいっぱいな家族にひととき
幸せな時間を作ってくれるのはありがたいなと思いました。
posted by 葬祭カウンセラー at 15:28| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 練馬区・板橋区・北区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。